日商簿記1級から 公認会計士への道-公認会計士-

日商簿記1級から
公認会計士への道

 

 

 

MENU
■ サイト紹介
■ はじめに
■ プロフィール
■ 日商簿記1級
■ 公認会計士
■ オススメ物
■ リンク
■ サイトマップ
■ 管理人

 

 

 

 

 

 

TOP>公認会計士

 

公認会計士

 

公認会計士は、知っている人は知っているし、知らない人はホントにしらないです。そこで公認会計士の職業柄や試験制度、試験科目など紹介します。

 

 

 

 

   公認会計士とは - 公認会計士になるには
短答式試験 - 論文式試験 - 選択科目の選び方
科目紹介(必須科目) - 科目紹介(選択科目)
 会計法規集・六法 - 会計士基本書 - 短答対策問題集 
 短答・論文式過去問題集

 

 

 

■ 公認会計士の仕事

 

会計分野の最高峰ライセンス・公認会計士試験の難易度は決して低くはないが、それだけに見事合格すれば抜群のステータスと収入を得ることができます。仕事は企業や各種法人が不正な経営をしていないか、商法に違反していないかを財務書類からチェックする「監査」で、これは独占業務。つまり、公認会計士は会計分野のFBI捜査官的な役割を担っていると言えます。

 

このほか、税務業務、マネジメントサービス業務、システム業務なども会計士の仕事。また、監査法人に数年勤めた後、独立して会計事務所を開いたり、多角的経営コンサルタント業務を行うことも可能。将来性、期待度の点から見ても、注目の高い資格といえます。

 

 

 

 

■ 公認会計士と税理士の違い

 

公認会計士とは、会計に関する調査や助言などの会計業務や、経営戦略の立案などの経営コンサルティング業務を行なう会計の専門家です。また、公認会計士しかできない業務として、大企業の財務諸表の適正性について独立した第三者の立場から監査意見を表明する会計監査業務があります。

 

税理士とは、税務代理、税務書類の作成、税務相談などを行う税務に関する専門家です。税理士も会計業務を行いますが、税理士の会計業務は税務に付随する「記帳代行」(税務申告書に添付する決算報告書の作成)や「記帳指導」(いわゆる税金対策)で、事実上その対象は中小零細企業に限定されます。また、税理士は公認会計士の業務はできないが、公認会計士は税理士登録する事により税理士業務も行えます。

 

 

 

 

■企業のブレーンとして活躍する会計業務のトップスペシャリスト

 

企業の財務内容を公正な立場から監査し、専門的な見地からコメントを行うのが公認会計士の主な仕事。優れた専門能力を必要とし、公認会計士という国家資格なしに職務につくことはできない。また企業の経営戦略の立案やコンサルティングなど、大組織のブレーンとしての活躍が大いに期待されているだけに、専門分野だけでなく豊かな人間性も要求される仕事である。

 

TOPへ

 

 

   公認会計士とは - 公認会計士になるには
短答式試験 - 論文式試験 - 選択科目の選び方
科目紹介(必須科目) - 科目紹介(選択科目)
 会計法規集・六法 - 会計士基本書 - 短答対策問題集 
 短答・論文式過去問題集